コミケ&東京散歩レポ(C120)

※このごろ、スマフォのカメラの調子がいまいちで、ぼやけた写真が多いです;;

 めずらしく5月のGWにコミケに参加してまいりましたっ

 参加された皆様、おつかれさました!

 今回は、イベントの写真が一枚もない・・・のでありますが(イベント参加時間が短く、すごくテンパッていたので、不手際が色々・・・;)コミケの様子も書きますので、よかったらお付き合いください。

 東京は、雨予報もあったのですが、二日間とも天気に恵まれました(^-^

 一日目は、好きな作家のひとりであり、草間弥彌さんの展覧会へ。

 その前にS藤さんとイタ飯でランチしたのですが、シャメ禁止のお店だったので、写真をお見せで来ません;;とっても美味しかったのでお店の名前だけ。南青山のcasare del PACIOCCONE というお店。支店もあるようです。1500円で、かなりおなかいっぱいになるランチ。(多分焼きたて)フォカッチャ食べ放題です。

 さて、お目当ての草間弥彌展へ。

 これが、結構混んでたな~。私の読みが甘かった!(友人は予想できていたそうです)

 だいぶ前に始まっていた展覧会だったので、もう興味のあるひとは見終わっているんじゃないかと思っていたのですが、じゃぁお前はどうなんだと自問せよという話ですw

 久しぶりの国立新美術館の外見は、記憶とだいぶ違ってコンパクトに思えました。記憶なんて当てになりません。多分7年くらい前の記憶ですのでね。外側の通路は、草間さんの水玉模様で飾られておりました。

 立体オブジェの空間があって、壁面にはぎっしり絵が展示されています。ここは写真撮影OK。この花のオブジェは見たいな~と思っていました。大満足。草間さんの音声が入っているガイドを聞きながら閲覧したのですが、声が・・・その・・・椿鬼奴さんに似ているな、と途中で気付いちゃって、それ以来どうしても鬼奴さんに聞こえて仕方ない。困った。

 S藤さんから、銀座シックスにもかぼちゃがあると教えてもらい、向かうことにしました。情報ありがたし。ここのかぼちゃもステキ!!観た甲斐がありました。ただこのビル、オープンして間もないようで客の入りがすごすぎるっ。これから行く方は、混雑を覚悟せねばなりません。

 おやつに甘酒。これは以前S藤さんと一緒に金沢に行ったお店。その支店です。

 インスタ栄えするwカワイイカップの甘酒なんだけど、高めの400円。濃くて美味しかったですけどね。私、けっこう甘酒好きなんです。S藤さんは、左側、マンゴー味の甘酒だったかな。

 甘酒のあとは、町をふらふらしつつ、せんねん灸のお店で、お灸を体験。

 私は皮膚が弱いにもかかわらず、熱には鈍感なようで、ほんのり・・・ほんとにほんのりの暖かさしか感じられませんでした。S藤さんは同じお灸を体験したのだけど、もっと暖かさを感じることが出来たみたいです。

 おなかに貼るお灸に興味があったので、火を使わないタイプのお灸を少し購入してきました。お灸はお風呂上りにやっちゃいけないようなので、早めにお風呂に入った日に、部屋で試してみようと思います。

 う~ん、これはひどいピンボケ・・・とおもいつつ。でもコレしか撮ってこなかったのですねー;夕食です。S藤さんと飲み屋へ。磯丸水産という、ちょっと有名なチェーン店みたい。わたしはホッピーを飲んだんだけど、これに使っている焼酎の度数が高いせいか(はたまた前日まで修羅場で疲れていたせいか)酔いが回りそうだったので、半分くらいで止めときました。シメサバやホッケなどをたのみつつ、藤田和日郎先生の漫画の話に花を咲かせます。わたしは藤田和日郎先生の短編集で、ふくろうを題材にした話が好きだったのですが、どうしてもタイトルが思い出せませんでした。ググったところ、多分『邪眼は月輪に飛ぶ』という作品だと思うのですが。


 そんなこんなで、イベント当日!前日購入したチョコレートで景気づけ!・・・なんですけど、1個を半分かじったところでやめておきます。なにせ、今日の朝食は花吹雪さんとホテルのビュッフェよていなのだ。げへへ。前回のウェンディーズとはだいぶ違うわけですよ。

 TENQOOビュッフェ ホテルメトロポリタン丸の内 っていうところで朝食です。

 レストランの前には、東京の街のミニチュアが。やはり東京といったら、昭和人のワタシにとっては東京タワーかな。漫画「リュウ」では、未来の世界で東京タワーが曲がっているのを見て、東京の街の崩壊を知る・・・なんてシーンがあるのですが。SF作品は好きなのでよく観るのですが、”未来で、そこが東京という場所だったことを知る”手がかりのひとつが東京タワー、という作品に馴染みがあります。東京という町を表すシンボルは、スカイツリーよりも東京駅よりも、東京タワーなのです。いや、タワーはおいといて、朝食です!w

 じゃーん!ホテルのビュッフェ!期待していたより品数はなかったけど、幾つか気に入ったメニューがあったり、初めて食べるメニューがあったり。

 ここは洋食のメニューがよかった気がします。パンも4つ切りになっていて嬉しい。

 ヨーグルトにドライフルーツ(ドライフルーツは種類が充実していました)キッシュにポテトグラタン、マカロニサラダ、生野菜はドッサリ~の、ソーセージも。(サラダとパンプディングとヨーグルト、お代わりしてしまった;;;危険すぎるぞビュッフェ!!)ここの逸品としてあげるとしたら、パンプディング、トマトジュースかな。シリアルも美味しかったけどね!(パンとソーセージはいまいちであった・・・。)欲を言えばプレーンオムレツあたりが食べたかったかな~(←欲張りすぎです!)コーヒーはセルフじゃないの。お代わりは回数多く来てくれてサービス良いなぁと感じました。


 ところでどっこい。若干のんびりしすぎましてwビッグサイトまで、どたばたと移動です(苦笑)いやぁ、桜吹雪さんも私も在庫持っての移動なので、汗だくww

 イベント会場は、東半分使う感じでした。(東のもう半分は、べつのイベントでした。人形?ドール?)

 今回、私は「旅部」というものに参加していたのですが、勝手が分からずグダグダでしたが、小一時間くらいで徐々になれまして。この次があったらもっとスマートに出来ますぞ、というくらいになれましたw

 アメリカ本の続編も、薄い本ながら間に合いまして。「いままでのアメリカシリーズも読んで、続き買いに来ました」といってくださった方も。いまいち伝わらなかったかもしれませんが、めっちゃくちゃ嬉しかったです。言葉にしてくださってありがとうございます。励みになります。特に今回の本は、いままで作っていたコンテを捨てて、改めて切りなおした四コマ漫画でした。

 自分も、スペースを回って気になる旅行記を手に入れることが出来ました。スペースを手伝ってくれた桜吹雪さんに感謝です。

 桜吹雪さんのお友達にも感謝。↓差し入れの「萩の月」

 久しぶりに食べたんですが、懐かしい美味しさでした。やわらかいスポンジの中は、濃いカスタードクリームがぎっしりのお菓子であります。訊くの忘れたけど、宮城の方だったのかなぁ。わたしも誰かに差し入れするときの為に、地元のお菓子で美味しいヤツを発掘しておきたいっ。

 新幹線の都合により、今回は、早めにイベント会場を後にしました。(最後を桜吹雪さんに託すという鬼のような所業)ブランチであれだけ食べて、さらには会場で萩の月まで平らげたのに、東京駅に着いたころには若干シャリばて。

 時間も微妙ながら、夕飯としておにぎりをチョイス。(お弁当を食ベるまでじゃなかったんだな)このGW中(?)のキヨスクの一押しはおにぎりシリーズらしいです。高級そうなおにぎりが、キヨスクの冷蔵庫にぎっしり並んでおりました。

 博多明太子をチョイス!さよなら東京!また夏に・・・・!(大笑)

nuka

ときにぐうたら、ときに小走りに生きてます。ぼちぼちサイト作成中。

0コメント

  • 1000 / 1000